私の読んだ本の記録・・・ .:*゚..:。*゚:.

Prev  «  [ 2017/10 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プルダウンリスト
How many now?!
最新コメント
最新トラックバック
ソーシャルブックマーカー

Powered by SEO対策
プロフィール

qwratty

Author:qwratty
FC2ブログへようこそ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

畠中 恵 アイスクリン強し

ビスキット、チヨコレイト、アイスクリン、シユウクリーム、スイートポテト あら大変 南蛮菓子から西洋菓子へと呼び名が変わり、新たな品々が数多登場。 そんなスイーツ文明開化の東京で、孤児として生まれ育った真次郎は、念願の西洋菓子屋・風琴屋を開いた。 今日もまた、甘い菓子目当てに若い元幕臣の警官達がやってくる。 明治の築地居留地で、西洋菓子屋の若主人と元幕臣の警官達「若様組」が繰り広げる「スイーツ文明開化」騒動記。 菓子作りの修業に精を出したい真次郎に、厄介事が次々と 著者の魅力全開 「西洋菓子」 どれもこれも 現代ではメジャーかつ駄菓子ショップにも沢山あるし スーパー・コンビニ 多種多様に「即手に入る」お菓子 そして かわいい表紙もまたワクワク 麵麭 に “パン”とルビもふってたり 連載されていた短編を集めていたためか、 1つ1つの物語の冒頭はやや説明っぽいけれど。 お菓子は????出してくんないの~お菓子! 「あれ?」って感じ でも。メンバーズとのやりとりも面白いんだけど へっー 明治へ時は移って人々の生活って こんな感じだったんだな~ というのもまた思いを運んだけどね

スポンサーサイト

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://maytoto.blog.fc2.com/tb.php/100-626705d2


フリーエリア
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。