私の読んだ本の記録・・・ .:*゚..:。*゚:.

Prev  «  [ 2017/08 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プルダウンリスト
How many now?!
最新コメント
最新トラックバック
ソーシャルブックマーカー

Powered by SEO対策
プロフィール

qwratty

Author:qwratty
FC2ブログへようこそ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔術師<リンカーン・ライムシリーズ5> ジェフリー・ディーヴァー

ニューヨークの名門音楽学校で殺人事件が発生。犯人は人質をとってリサイタルホールに立てこもる。駆けつけた警官隊が包囲し出入り口を封鎖するなか、ホールの中から銃声が聞こえてきた。ドアを破って踏み込む警官隊。だが、犯人の姿はない。人質もいない。ホールは空っぽだった……。 衆人環視の中で、犯人が消えるという怪事件の発生に、科学捜査専門家のリンカーン・ライムと鑑識課警官のアメリア・サックスは、犯人はマジックに関わりがあることを察知。イリュージョニスト見習いの女性カーラに協力を依頼する。奇術のタネを見破れば次の殺人を阻止できる。しかし、超一流イリュージョニストの犯人は、早変わり、脱出劇などの手法を駆使して次々と恐ろしい殺人を重ねていく 今回のリンカーン・ライムとアメリア・サックスの対決相手はプロの魔術師(イリュージョニスト)。まるで見立て殺人のようにイリュージョンになぞらえた殺人事件が数時間おきに起こって行く。 魔術師のそば近くまで追い詰めるのだが 衆人環視の中で忽然と姿を消す犯人。 一方マンハッタン地方検事の暗殺未遂事件 もし。どんな人間にでも一瞬で変身できるような魔術師が連続殺人の犯人だったら。 もし現場に残される微細な慰留物まで、捜査を誤った方向へ導く(誤導)ために仕組まれた物だったら。 イリュージョン、早変わり変身、腹話術、ピッキングと人目を欺くエキスパート中のエキスパートのイリュージョニスト 対するライムはというと 現場検証から得られる証拠が信用できないかもしれない という手詰まりを感じ、今回は新しいキャラ、カーラが登場かわいい 師匠に内緒でマジックの手法、道具、そして心理操作=誤導についてライムたちに的確な情報を与えてくれるカーラ カーラもなかなか素敵なキャラクター さてさて。読んでいる私自身が 何が真実で何が虚偽か、物語がどのように動くのか・・・ ドキドキしてたわるんるん 原題 Vanished Man 消された男 ひらめきそーなんだよね~~ひらめき 『コフィンダンサー』を気に入っている方に特にお勧めかな? ルパン対ホームズを思い出しちゃった私 あ!!!!キンケードがっっっ手(チョキ)

スポンサーサイト

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://maytoto.blog.fc2.com/tb.php/107-a12fbcb3


フリーエリア
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。