私の読んだ本の記録・・・ .:*゚..:。*゚:.

Prev  «  [ 2017/06 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プルダウンリスト
How many now?!
最新コメント
最新トラックバック
ソーシャルブックマーカー

Powered by SEO対策
プロフィール

qwratty

Author:qwratty
FC2ブログへようこそ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12番目のカード <リンカーン・ライムシリーズ6>    ジェフリー・ディーヴァー

リンカーン・ライムシリーズの6作目 ハーレムの高校に通う十六歳の少女ジェニーヴァが博物館で調べ物をしている最中、一人の男に襲われそうになるが、機転をきかせて難を逃れる。 現場にはレイプのための道具のほかに、タロットカードが残されていた。 強姦未遂事件と思い捜査を始めたライムとサックスたちだったが、その後も執拗にジェニーヴァを付狙う犯人をまえに、何か別の動機があることに気づく。 それは米国憲法成立の根底を揺るがす百四十年前の陰謀に結びつくものだった。 そこにジェニーヴァの先祖である解放奴隷チャールズ・シングルトンが関与していたのだ……。果たしてライムは百四十年前の証拠物件を最先端の科学技術を駆使して改名する事ができるのか? 犯人の残した物の中に、タロットカードの12番目のカード、”吊るされた男”が。 果たして、犯人にどのような関わりが リンカーンは、ジェニーヴァが読んでいた資料にも興味を持つ。 それによると、彼女の祖先であるチャールズは、ある横領の疑いを掛けられ、逃亡の後逮捕されている。 ジェニーヴァはチャールズの残した手紙から、彼が無実だと信じている。 一見、関わりないようなチャールズの事件 140年前に起きたある事件の謎と現代の事件をライムたちが追う♪ ま。多少の無理があんじゃなーい?と思うものの それは、なんてったって ジェフリー・ディヴァー 気にならないのだ 今回セリットーの抱えてしまった問題の行く末も気になる~ ライムの新しい試み FBI捜査官のデルレイ、ジェニーヴァの護衛を務めるローランド・ベル こり連携は見事だったわ~~~ そういえば 反目しあってたデルレイ すっかりメンバーズだわっ手(チョキ)

スポンサーサイト

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://maytoto.blog.fc2.com/tb.php/108-f60e2e95


フリーエリア
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。