私の読んだ本の記録・・・ .:*゚..:。*゚:.

Prev  «  [ 2017/07 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プルダウンリスト
How many now?!
最新コメント
最新トラックバック
ソーシャルブックマーカー

Powered by SEO対策
プロフィール

qwratty

Author:qwratty
FC2ブログへようこそ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

村上春樹 「1973年のピンボール」

直子を失って以来、心を閉ざして淡々とした日々を過ごしていた”僕”。 ある朝、”僕”が起きる ベッドには双子が寝そべっていた。 その日から、”僕”と双子との奇妙な共同生活が始まる。 かつての友人・”鼠” そこから700キロ離れた街にとどまっていた。 なじみの店であるジェイズ・バーで酒を飲み 新たに知り合った女との交際を楽しむ鼠。 ”僕”も鼠も、他人には触れられない孤独感を抱え、 そんな日々に決着をつけることを考えはじめていた・・・。 ”僕”は街を出た。それから3年。 ”僕”の前に現れた、謎の双子。双子に誘われるように ”僕”は、かつて大好きだったピンボールの記憶を甦らせる。 そして、その失われしピンボール・マシン なんとしても見つけ出そうと必死になる。 僕と鼠は、反対の方向へ進もうとした 結局のところ、同じ方向へ向かっていたんだ 失ったものとの永遠の別れの儀式 鼠は 彼女との別れ。親友ジェイとの別れ。そして、街との別れ 新しい1歩を踏み出すためには、僕たちは必ず、過去の自分と向き合わなければならない。 「入口があって出口がある。大抵のものはそんな風にできている。」 かっこう そんな「風」に出来ている

スポンサーサイト

C

omments

P

ost omments


フリーエリア
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。