私の読んだ本の記録・・・ .:*゚..:。*゚:.

Prev  «  [ 2017/04 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プルダウンリスト
How many now?!
最新コメント
最新トラックバック
ソーシャルブックマーカー

Powered by SEO対策
プロフィール

qwratty

Author:qwratty
FC2ブログへようこそ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再起 ディック・フランシス

シッド・ハレー第四弾手(チョキ) 「持ち馬が勝つべきレースで勝たないのは八百長に利用されているのではないか、調べてほしい」元騎手のシッド・ハレーはチェルトナムの競馬場で、ある上院議員から依頼を受けた。 障害レースの最高峰、チェルトナム・ゴールド・カップが行なわれる当日、元騎手の調査員シッド・ハレーは競馬場を訪れ、建設会社を経営する上院議員ジョニイ・エンストーン卿から仕事を依頼された。持ち馬が八百長に利用されている疑いがあるので、調べてほしいというのだ。彼は調教師のビル・バートンと騎手のヒュー・ウォーカーが怪しいという。ハレーは依頼を引き受けるが、その直後、競馬場の片隅でウォーカーの射殺死体が発見された。この日、ウォーカーとバートンが罵り合っているのを多くの人が目撃していた。そしてウォーカーは前夜、ハレーの留守番電話にメッセージを残していた。レースで八百長をするよう何者かに脅されていたらしく、「言うことをきかなければ殺す」と言われたという。やがてハレーは思わぬ経緯でウォーカーの父親から息子を殺した犯人を突き止めてほしいとの依頼を受ける。さらに知人から、ギャンブル法改正によって発生する不正についての調査も任される。こうしてハレーは三つの依頼を抱えることになった。そんな折、警察はバートンをウォーカー殺害容疑と八百長の疑いで逮捕する。彼は証拠不充分で釈放されるが、やがて事件が起きた。そのバートンが自宅で拳銃自殺をしたというのだ。どうしても彼が自殺したとは思えないハレーは、調査を進めていくのだが……。 義父のチャールズの紹介じゃ断れないわよね と。引き受けたものの・・・コレはコレハ 友人の騎手ウォーカーと友人の調教師ビル・バートンに会いに出かけるがウォーカーは競馬場の片隅で射殺体で発見 ウォーカーと言い争っていたバートンは殺害容疑と八百長の最重要容疑者として取調べを受けるが~証拠不十分で釈放されたその日に拳銃自殺を遂げる。 ほら~ だ~か~ら~  恋人のマリーナが暴漢に襲われて 敵は、恋人マリーナを傷つけ、調査をストップしようとする 実は。シッドに調査を続行するように説得したのは マリーナだったの 黒幕の正体 そしてマリーナが!!!!!むかっ(怒り) ふらふらがく〜(落胆した顔) ま~マリーナだから良しとしようかしらん それにしても・・・凄いよなぁ 妻の死後、引退されていたんだけど~6年ぶりでも新作を書いてくれた しかもシッドだもの 作者にとって、思い入れのある作品シリーズなのかな~と思っちゃう 率直に書くならシッドがちっと変わっちゃったなぁ~とかいろいろ思うことはあるけれど

スポンサーサイト

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://maytoto.blog.fc2.com/tb.php/121-ce9c61d3


フリーエリア
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。