私の読んだ本の記録・・・ .:*゚..:。*゚:.

Prev  «  [ 2017/06 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プルダウンリスト
How many now?!
最新コメント
最新トラックバック
ソーシャルブックマーカー

Powered by SEO対策
プロフィール

qwratty

Author:qwratty
FC2ブログへようこそ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北森 鴻 ぶぶ漬け伝説の謎~裏京都ミステリー②~

「支那そば館の謎」の続き 新聞記者折原けい、ムンちゃんことバカミス作家水森堅のコンビ ムンちゃん→この渾名は彼の作品『鼻の下伸ばして春ムンムン』に由来する 元広域窃盗犯有馬次郎、トリビアin京都、美味しい料理 冴え渡る大悲閣千光寺住職の洞察力 ライト・ソフトに攻めて来るミステリー 慎ましい寺男の「」モードから 戦闘態勢バッチリ「」モードに意識を切り替えた有馬 裏のネットワークで情報収集。 裏の人間には裏の人間の筋を 警察には突き出さず、落とし前は自分でつけさせる 有馬もムンちゃんのカラーに徐々に染まって来た 漫才みたいな突っ込みを披露だしっ んん?!類は友を呼ぶって言うぞわーい(嬉しい顔) 今作から 有馬の友人で同じく元裏の世界の住人 今は表の世界一本でバーテンダーとして生きているカズさん という人も登場 ハモにふぐに湯葉にお茶づけ… 高級から安価まで、何から何までおいしそう うふふっ(*゚v゚*)るんるん 短編も、京都のちょっとした情報がげっと出来るしね かわいい有馬は思う――折原、どこかの民俗学者探偵を思わせる顔つきになった。 ひらめき やっぱりね~ 那智せんせ~のモードっぽいのあるもんひらめき 有馬次郎が寺男を務める大悲閣千光寺は実在する寺。 松尾芭蕉「花の山 二町のぼれば 大悲閣」と詠まれた名刹ね

スポンサーサイト

C

omments


ムンちゃんとけいの、ピントのずれた推理が面白い♪ ”僕” から ”俺”モードに変わった有馬のちょっと危険な雰囲気にもドキドキ(笑)
京都の美味しい料理も出てきて、あ~、京都行きたい! と思っちゃったわ~(^^)

リラ URL | 2011/02/05 22:14 [ 編集 ]

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://maytoto.blog.fc2.com/tb.php/123-ebf3f72b


フリーエリア
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。