私の読んだ本の記録・・・ .:*゚..:。*゚:.

Prev  «  [ 2017/06 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プルダウンリスト
How many now?!
最新コメント
最新トラックバック
ソーシャルブックマーカー

Powered by SEO対策
プロフィール

qwratty

Author:qwratty
FC2ブログへようこそ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海東尊   『チーム・バチスタの栄光』

「チーム・バチスタ」アメリカから来た心臓外科医・桐生恭一がバチスタ手術をするために、自ら選んだドリームチーム。成功率60%といわれるバチスタ手術を100%の成功していた。ところが3件続けて術死が発生。原因を追究するため、病院長高階が指名したのは万年神経内科の万年助手、不定愁訴外来責任者の田口公平。 ドラマより、映画より、原作が一番面白かった。 主人公の田口先生は、計算高ってのはアリ そそそそ「俺オレオレオレ」だもん 白鳥は・・・ 前半部分は田口が手術に関わった人たちに聞き込み 手術に立ち会う。 田口は全く欲のない男と思いつつも 意外と計算 高っっっ  ツンツン(。゚ー゚)σ とか思っちゃう 非常階段を通らないと行けない様な場所で一人「愚痴外来」 不定愁訴外来の医者として患者の愚痴を聞く日々。 田口が医局長から依頼された「ミッションインポッシブル」 探偵ってさ 多少 計算高くないとね(*^-゚)vィェィ♪ 探偵がさじを投げた後半出てくる厚生労働省の役人・白鳥。 田口いわくゴキブリのような人物。鋭い観察力 がはははははは これはもー 「原作勝ち」だよ~ ま。これは 犯人ネタよりも 「如何にして」 っていう段階を踏んでいくのが楽しい

スポンサーサイト

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://maytoto.blog.fc2.com/tb.php/144-d9a58be6


フリーエリア
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。