私の読んだ本の記録・・・ .:*゚..:。*゚:.

Prev  «  [ 2017/06 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プルダウンリスト
How many now?!
最新コメント
最新トラックバック
ソーシャルブックマーカー

Powered by SEO対策
プロフィール

qwratty

Author:qwratty
FC2ブログへようこそ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーデュボンの祈り/伊坂幸太郎

コンビニ強盗に失敗し逃走していた伊藤は、気付くと見知らぬ島にいた。江戸以来外界から遮断されている“荻島”には、妙な人間ばかりが住んでいた。嘘しか言わない画家、「島の法律として」殺人を許された男、人語を操り「未来が見える」カカシ。次の日カカシが殺される。無残にもバラバラにされ、頭を持ち去られて。未来を見通せるはずのカカシは、なぜ自分の死を阻止出来なかったのか?卓越したイメージ喚起力、洒脱な会話、気の利いた警句、抑えようのない才気がほとばしる!第五回新潮ミステリー倶楽部賞を受賞した伝説のデビュー作、待望の文庫化。 そう。伊坂氏のデビュー作だったっけなぁ 伊坂氏の本との出会いは、祖父だった つまりは何十年前だっっ????? 私の祖父は 古文漢文の大家のセンセイだった為 あれやこれやと とにかく沢山の本の感想だの なんか辞書監修とかやってたりしてたから  問題集とかも作ってたし 出版社の方達の出入りの激しい 祖父の家だった んで。伊坂氏の「デビュー作」だったっけな セリフっていうか・・・言葉のリンクは凄いんだねぇ なんか読んでて この人って プライベートでも こんなに 何時も 妄想・・・じゃないや こういうテンションになったりすんのか???とか思ったりした カカシがトークすんのよぉぉ ど・ファンタジーじゃないとは言い切れないけどさ 途中で 何回も 「とほほほ あたしってこゆの疲れるわ」 と なった 伊藤が荻島に来た経緯も無茶っぽいし 未来を予知できる案山子って 欲しい??? いらなーーーーーいっっっ 文章はどことなく村上春樹サン テイスティー っつか。私 春樹サン 大好きだから 全然 比べて無いんだけど  あ・・・ Audubon の Birds of America あれが頭の中で 即 閃いちゃったから  そればっかり気になってた 伊藤がどうして島に来たって ズバっと書いて欲しかったけど 嘘しか言わない画家って 「クイズみたいな トークがしてみた~い」と 妙な感覚になってしまった本だったのである

スポンサーサイト

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://maytoto.blog.fc2.com/tb.php/157-c40fb02f


フリーエリア
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。