私の読んだ本の記録・・・ .:*゚..:。*゚:.

Prev  «  [ 2017/08 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プルダウンリスト
How many now?!
最新コメント
最新トラックバック
ソーシャルブックマーカー

Powered by SEO対策
プロフィール

qwratty

Author:qwratty
FC2ブログへようこそ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テンペスト 第4巻 冬虹

昼間は孫寧温として王府に出仕し、夜は側室として後宮に侍るという二重生活を繰り返していた真鶴。王と王妃、双方に同時に呼び出されたり、親友の真美那に正体がバレてしまったりしつつ、綱渡りの日々を続けていた。だがそんな折、真鶴は王の子を身ごもってしまう。男と女、それぞれの狭間で揺れていた真鶴は、ついに女として生きていくことを決意するが……。 終わっちゃったよ・・・ 琉球ロマネスクも最終巻 妊娠して出産して・・・女性として でも・・・寧温は真鶴というコトが 周囲にバレばれてしまうと で。ラストに来て大きな展開 琉球国に起きる事件 それは 「開国」  琉球にとっての近代国家へ 国としても、琉球の・・・ いや~ このリアル琉が寧温 寧温か真鶴とかで スッタモンダで 男達がふりまわされまくってんの も~ そういうのも楽しめたぞ~ っつか マンガですかい???と思っちゃう真美那ちゃん。 その ズッコケお嬢様っぷり そんなんで琉球の・・・良いのか???!!!!! その バカっぷりも ちょっとイケてたけどさ そういえば テンペストって 「嵐」の意味だっけ Though the seas threaten, they are merciful; I have curs'd them without cause. 海は慈悲と脅しと持ちたもう。 そして我は理由も無く呪っていたものであった    って・・・アレだ 確か 海霊力に対する思いのテンペストだったんじゃなかったかなぁ うん この琉球ロマネスクも ある種 「海と龍の申し子」だったし

スポンサーサイト

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://maytoto.blog.fc2.com/tb.php/167-12febc54


フリーエリア
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。