私の読んだ本の記録・・・ .:*゚..:。*゚:.

Prev  «  [ 2017/06 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プルダウンリスト
How many now?!
最新コメント
最新トラックバック
ソーシャルブックマーカー

Powered by SEO対策
プロフィール

qwratty

Author:qwratty
FC2ブログへようこそ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

儚い羊たちの祝宴 米澤穂信

優雅な読書サークル「バベルの会」にリンクして起こる、邪悪な5つの事件。恐るべき真相はラストの1行に。衝撃の暗黒ミステリ。 夢想家のお嬢様たちが集う読書サークル「バベルの会」。夏合宿の二日前、会員の丹山吹子の屋敷で惨劇が起こる。翌年も翌々年も同日に吹子の近親者が殺害され、四年目にはさらに凄惨な事件が。優雅な「バベルの会」をめぐる邪悪な五つの事件。甘美なまでの語り口が、ともすれば暗い微笑を誘い、最後に明かされる残酷なまでの真実が、脳髄を冷たく痺れさせる。米澤流暗黒ミステリの真骨頂。 「ラスト一行の衝撃」 いや~ ほんと 米澤氏って・・・ 明治時代だか大正だかの時代なノリの クラシックな文章で 江戸川乱歩とか 横溝センセあたりのムードを漂わせて しかも出てくる人達が 「財産」「相続」「土地主」 ま。そういう ゴージャスリッチな世界の人達 そこに 「お手伝い」とか「養子縁組」とか「ママ違い」で 現実にんなの いねぇよなっていうアレだけど なんというか 「そこ」に行くまでの道筋が 面白かった 連作短編集みたいな・・・ 『身内に不幸がありまして』『北の館の罪人』『山荘秘聞』 『玉野五十鈴の誉れ』『儚い羊たちの晩餐』 あ。そういえば ラスト一行・・・は 『山荘秘聞』だけだったなぁ

スポンサーサイト

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://maytoto.blog.fc2.com/tb.php/179-e44a21dd


フリーエリア
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。