私の読んだ本の記録・・・ .:*゚..:。*゚:.

Prev  «  [ 2017/09 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プルダウンリスト
How many now?!
最新コメント
最新トラックバック
ソーシャルブックマーカー

Powered by SEO対策
プロフィール

qwratty

Author:qwratty
FC2ブログへようこそ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

通りゃんせ 宇江佐 真理

江戸時代にタイムスリップしてしまった現代の青年・大森連。そこは、天明の大飢饉まっただ中の、不穏な時代だった。身を寄せた時次郎・さなの兄妹に助けられながら、懸命に生き抜こうとするが・・・。感動の時代長編!

小仏峠の滝で気を失った二十五歳の青年サラリーマン・大森連は、介抱してくれた時次郎とさなの兄妹から、ここは武蔵国中郡青畑村で、今は天明六年だと告げられる。驚きつつも江戸時代を懸命に生き抜こうとする連に、さなは想いを寄せていく。いっぽう連の歴史知識から幕閣の政変を知った時次郎は、村の領主である旗本・松平伝八郎の立場を守ることに成功。時次郎はいったい何者なのか?天明の大飢饉が迫る中、村の庄屋が殺害される事件が起こる。現代の知識だけで人々を幸せにすることはできない…。江戸へ向かった連は、思いがけない再会を果たすが。連の運命は、そして元の世界には戻れるのか?時間を超えた、感動の長編時代小説。

大森連は、北海道から東京へ転勤

現代の若者が江戸時代の農村にタイムスリップ
タイムスリップするのは良いけど
江戸時代の農村ライフが・・・さっくり受け入れられる人って、なんかさぁ・・・
どうも、あり得ないんじゃないか?!?!って感じた

あ。でも。ドラマ「仁」と同じようなものかぁ・・・と思ったらアリかも

で。この連サンを助けたのが
青畑村、百姓の「時次郎」なんだけど
この人。連サンの事をスルーしないでも受け入れちゃうわけ
そんで。この連サンが 江戸時代の農村ライフに順応できちゃうわけ

えーーーとえーとSF的なのも入ってたりするんだよね

現代と違う考え方 
それに対して何も出来ない
もじかしい自分
連サンは、そんな自分を思いつつも人を助ける
うん。アツイ人
だけど。効果はイマイチで

助けてくれた兄妹とともに、田畑を耕し、飢饉を凌ぐ方便を探って
それなりに タイムスリップ先の農村ライフに慣れつつも
やっぱり「元々の自分の世界」に戻りたいと思う連サン

戻る策は・・・

さてさて。
人生に でも。もし。は無いとは言うけれど
私だったら・・・ う━(・n・`≡´・n・)━ん… って おろおろしちゃう

スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://maytoto.blog.fc2.com/tb.php/184-7bb2ed62


フリーエリア
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。