私の読んだ本の記録・・・ .:*゚..:。*゚:.

Prev  «  [ 2017/06 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プルダウンリスト
How many now?!
最新コメント
最新トラックバック
ソーシャルブックマーカー

Powered by SEO対策
プロフィール

qwratty

Author:qwratty
FC2ブログへようこそ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八日目の蝉  角田 光代

逃げて、逃げて、逃げのびたら、私はあなたの母になれるだろうか--理性をゆるがす愛があり、罪にもそそぐ光があった。家族という枠組みの意味を探る、著者初めての長篇サスペンス。

2部構成になっていて
1章、不倫相手の子供を誘拐してしまった希和子の物語
2章、誘拐事件の18年後の、誘拐された子供の物語

オムツの替え方、ミルクの作り方も知らない希和子
自分が産めなかった子どもを思い、連れてきてしまった赤ん坊に
その子への思いを重ね育てる希和子
愛情
不倫の末、不倫相手とその妻の間にできた女の子を連れ去って育てる女。
夫の不倫相手に自分の子をさらわれてしまった女。
父の不倫相手にさらわれ、幼い頃に実家へ連れ戻された女。
周りと隔絶された、女ばかりの偏った環境で育てられた女。

犠牲・・・といえば聞こえは良いが
喜和子に育てられた子どもは、犠牲に・・・
逃亡生活。それは長くは続かない

2章
 大人になった恵理菜 →薫として育てられた子←
本当の親の元へ戻ったのに
家族の中に居場所を見つけられ無い
孤独を抱え込んで育った恵理菜
誘拐した「あの女」は憎しみだけ
そう。憎しみなのに・・・
両親も、恵理菜をどう扱って良いのか戸惑って
私を邪険にする
希和子と暮らしていた方がどれだけ幸せだったかしら
だって私
「あの女」と同じように、妻子のある人との不倫の関係をやめられないの
苦るしみの原点は「あの女」

千草は、誘拐中の恵理菜と、エンジェルホームで一緒だった幼馴染

希和子の人生、希和子と恵理菜の父親の不倫の話
恵理菜の母親
エンジェルホームの事実
ふん。私の周りの人達ってダメダメばっかじゃん

恵理菜
前向きに未来を語れる女ってのもイイよ
あいつらバカ達の事を許してやろうか
ねぇ恵理菜
幸せって 自分で感じるもんだしね

.:*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚.
7日目で死んでしまう蝉
8日目を生き抜いたということから
「八日目の蝉」ってついた題名


スポンサーサイト

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://maytoto.blog.fc2.com/tb.php/197-ac20d317


フリーエリア
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。