私の読んだ本の記録・・・ .:*゚..:。*゚:.

Prev  «  [ 2017/05 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プルダウンリスト
How many now?!
最新コメント
最新トラックバック
ソーシャルブックマーカー

Powered by SEO対策
プロフィール

qwratty

Author:qwratty
FC2ブログへようこそ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファントム スーザン・ケイ

19世紀、フランス。夫を亡くしたマドレーヌが失意の中で産んだ長男エリックは、この世のものとは思えない恐ろしい容貌をしていた。以来マドレーヌは我が子をどうしても愛することができず、仮面をかぶせて屋根裏に閉じ込める。
やがてエリックのずば抜けた頭脳は顕著になり、幼くして建築学を極めるとともに音楽の方面でも類まれな才能を発揮。だが八歳になった時、自分がいると母にも危険がつきまとうと知ったエリックは、自ら家を飛び出した




とっくに読み終えてたものの・・・
どう書けば良いのか めちゃくちゃ大好きな舞台の本だもの
舞台は 我映画ブログに数点up
もっとも、私のような感想などより
もっともっと素晴しく詳しく丁寧に お書きになられてらっしゃるブロガー様達には
我無き頭脳に、びびっと響き渡る次第である。
是非、そちらの方達の「オペラ座ノ怪人」の記事を
じっくり堪能して頂きたい次第である
.:*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚..:。*゚

オペラ座の怪人』の怪人“エリック”を生い立ちからの生涯を描いた
スーザン・ケイの『ファントム』。ガストン・ルルー原作
ファントム萌え。そして怪人こそ手の美。エロというのはこの怪人にアリと思っている私
そう。流石の「めくるめくような夢の世界」のハーレクィンロマンス物である
怪人の天才的な生い立ちが詳細に書いてある
スーザン・ケイによりガストンルルーの”オペラ座の怪人”に
書いていないモノの想像
えっと・・・σ( ̄。 ̄*) あたしは 違和感がアリアリだった

ファントム~ 怪人~のあなたに

 悲しくも切なく苦しい
そして 暫し 余韻に浸りたくなるようで
私の思うファントムとは感じがちがってた
それもまた 人それぞれの「ファントム像」なのね
エリックの過去
パリ・オペラ座の地下に住み着いたのか
人生という彼の「波乱」
実にハートの熱い人だから繊細でピュアで傷つきやすい
容貌は怖くおぞましい
が。私には、ファントムの見た目等 関係ない
単なる「外見のみ」
何故????そりゃそうだよ
ハートが素敵過ぎて クレイジーに惚れてしまった弱み?
違う。もうそんなの飛び越えた彼の魅力に取り付かれてしまったから

神の頭脳と歌声はエンジェル
なのに・・・ママが欲しかったのは 「ありきたりでノーマル 顔」

大丈夫 私、あなたがとても好き
あなたに恋して何十年
もし あなたに出会うコトがあったら
わたし どうしようかなぁ

ねぇ エリック ママからのキス
欲しくて欲しくてたまらなかっただけだよね

あなたに会ったら 1番最初に
私からキスしまくっちゃうわ
絶対 絶対 ぜーったい
私のキスが1番最初だってば


愛しのファントムへ

スポンサーサイト

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://maytoto.blog.fc2.com/tb.php/214-79f72408


フリーエリア
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。