私の読んだ本の記録・・・ .:*゚..:。*゚:.

Prev  «  [ 2017/06 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プルダウンリスト
How many now?!
最新コメント
最新トラックバック
ソーシャルブックマーカー

Powered by SEO対策
プロフィール

qwratty

Author:qwratty
FC2ブログへようこそ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聖なる血 龍の黙示録4 篠田 真由美

作家の龍緋比古の元で秘書をしている柚木透子は、或る日学生時代の先輩のところへ遊びに行くことに。が、彼女はそこで奇妙な感覚に見舞われることになる。一方、日本にいるキリストの血を受けた吸血鬼である龍緋比古の存在を快く思っていないヴァチカンは、龍緋比古抹殺に動き出し日本にいるエジプトの悪霊と手を結ぶことに。暗殺者として選ばれたセバスティアーノはもう1人の神父と共に日本に赴く。

キリストの聖なる血を持つと称す吸血鬼を抹殺せよ〉
カトリックの総本山ヴァティカンから日本へ放たれた黒衣の使者。彼はローマ教皇の密命を受け、刺客(しかく)に与える報酬として『究極の聖遺物』を携(たずさ)えていた…。宿敵ローマン・カトリック、そして甦(よみがえ)った古代エジプトの邪神が、二千年の時を彷徨(さまよ)う龍緋比古(りゅうあきひこ)に迫る

唯一の神の御名龍の黙示録3
 の 第4作目 

透子や龍の活躍が少ないかな~
って思っちゃったりしたけど

ヴァチカンとエジプトの悪霊  というか!?!?!邪神?みたいな?!?
二人の修道士が送り出されてくると
  抹殺の標的になった龍。ヴァティカンが刺客に選んだのが
死から蘇えった古代エジプトの王ス・スフェル
 神父と出会っで 信心の世界にと入った彼

イエス・キリストに黄金の血をもらったラハブ。
不老不死の彼は龍緋比古(りゅう・あきひこ)と名乗り、日本の鎌倉でひっそりと文筆業を営んでいる。
ヴァティカンはラハブ抹殺のため修道士を聖杯と共に日本に送るが、龍(ラハブ)はエジプトの邪神から毒を受け吸血鬼化して動けなくなってしまう。

死から蘇えった古代エジプトの王ス・スフェル
でまたコレが凄い!!!!!!
「究極の聖遺物」イエスの血を受けた聖杯のかけら
などというモノを与えてしまう
聖杯のかけらを与えるっていうのは
つまり

でもね。
うん。やっぱりリュウを擁護する透子
透子さんの 言葉を聞いて、迷うんだなコレが

龍緋比古に対して 何かこー「共通項」みたいな
えーとんーと 「似て非なると理解しつつ 類の世界観」
とでもいうのかな
そういうのがアリって感じてたっぽい
そうじゃなかったら 透子さんに 龍に対するリサーチしないよね・・・
セバスティアーノは透子へ思いを寄せて自身の信仰に揺らぎを覚えつつ
龍がかわいらしく人間ぽくなって来たような


あらあらあらあら
ヾ(゚0゚*)ノアレアレー?
 セバスティアーノってば
龍緋比古の家にいそうろうコホン!o(-"-;) コホン!o(-"-;)
暫しステイする
というコトで

忘れちゃならない
 ヴァチカンの チーム リベンジがあはず


鴉がひょっこり♪
  透子サン
 そろそろ 恋愛もね♪


因みに
 考古学者になりたかった私としては
エジプトはツボだったわ

スポンサーサイト

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://maytoto.blog.fc2.com/tb.php/237-c93e434e


フリーエリア
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。