私の読んだ本の記録・・・ .:*゚..:。*゚:.

Prev  «  [ 2017/07 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プルダウンリスト
How many now?!
最新コメント
最新トラックバック
ソーシャルブックマーカー

Powered by SEO対策
プロフィール

qwratty

Author:qwratty
FC2ブログへようこそ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金春屋ゴメス 西條 奈加

ごめす

日本にありながら、自治独立の国である「江戸」。鎖国体制をひいており、入国するには300倍とも言われる倍率の抽選を勝ち抜かないといけないその江戸へ、裏口入国を果たした大学生の辰次郎。江戸での彼の身請け先は、容貌魁偉、冷酷無比、極悪非道、厚顔無恥、大盗賊も思わずびびる「金春屋ゴメス」こと長崎奉行馬込播磨守だった。ゴメスから辰次郎に課せられた使命とは…。

これは 面白い~~~
近未来の日本に存在する「江戸」!近未来お江戸~
自給自足の、江戸時代そのものの暮らしをする人々が集う国。
電気もないし、車もないし、抗生物質もない
無い無い無いの無い無い~
時代は現代。芝浦埠頭から、お船に乗って・・・
ヾ(-д-;)ぉぃぉぃ なんか 知ってる場所がってのも楽しい
携帯などのデジタル機器を取り上げられ・・・
主人公は日本に住む平凡な大学生佐藤辰二郎。
江戸国で生まれながら
日本に出国していた辰二郎
病気の父の希望で江戸国ビザに応募する。
辰二郎の身元引受人は芝露月町の金春屋喜平。
金春屋は評判の一膳飯屋なの

辰次郎の奉公先は裏金春っていう
んーと なんだ
奉行所配下の岡っ引き見習いみたいな?!?!
ゴメスという怪物がいるらしい
ゴメスは長崎奉行所の奉行って 

金春屋ゴメスか~ もっと すげーの想像しちゃったけどね


スポンサーサイト

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://maytoto.blog.fc2.com/tb.php/238-a1131be3


フリーエリア
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。