私の読んだ本の記録・・・ .:*゚..:。*゚:.

Prev  «  [ 2017/04 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プルダウンリスト
How many now?!
最新コメント
最新トラックバック
ソーシャルブックマーカー

Powered by SEO対策
プロフィール

qwratty

Author:qwratty
FC2ブログへようこそ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花のれん 山崎豊子

はなのれ



何時か、書こうとは思っていた
私の祖父が 古文・漢文の大家だった為に
彼女の本は 沢山存在していた
出版社から届いたりしていた
そして、その作品は丁寧に きちんと祖父のブック・ラックにあった
わたしはそういう本達を好き勝手に取り出しては
読んでいた

社会派というイメージ
ルポルタージュ的に お堅いイメージ
といった ハードなイメージが無い女史の文章に
スピードというか、呼吸をしていた文章が大好きなのだ

大阪のオンナ!!!!!ブラボー
とでも言おうか
吉本興業の創業者がモデルらしいけれど
すっっげーーーーー
大阪・船場の呉服屋の未亡人
多加サンは借金金利を少しでも安く上げるのに
黄金持ちの老人と仲良くなっちゃうのも
なんつーか やるなぁ(。-∀-) ニヒ♪
とにかく 凄い!
亭主はお妾さんの家で腹上死したっつーに
バキバキのバリバリで仕事できちゃって
現代の バリ・キャリ
半沢直ちゃんも、まっつぁおの凄腕女傑だと思うわ

自分で商売をし、それを育てていこうとする
寄席を切り盛りし、やがて金儲けだけを考えるようになっていった
ま。その 寄席の立て直す為のアイデアっていうのが物凄い
 一緒に商う番頭でも思いつかない、太っ腹な金の使い方
どんどん寄席を買い取り大きくしていく
んだけど これまた面白いんだなぁ・・・

同嗅覚が存在しているのかなぁ・・・
私の生まれ育った地が
上野・鶯谷の根岸で医の世界だったけど
ほんと、周囲は「商売の人」ばかりだもの

子に対する愛
自分の恋愛
それは全て「商売第一」が為に後回し

そして偲ぶ思いに 花のれん 
 亡き人を思う

スポンサーサイト

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://maytoto.blog.fc2.com/tb.php/305-2d80a2b1


フリーエリア
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。