私の読んだ本の記録・・・ .:*゚..:。*゚:.

Prev  «  [ 2017/08 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プルダウンリスト
How many now?!
最新コメント
最新トラックバック
ソーシャルブックマーカー

Powered by SEO対策
プロフィール

qwratty

Author:qwratty
FC2ブログへようこそ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小川洋子 博士の愛した数式

この作品は 映画もとても素晴しいのだ シングルマザーの「私」(深津絵里)は 10歳の男の子「ルート」を  家政婦をしながら育てている。今度の仕事先は  交通事故で80分しか記憶が持たない一風変わった数学者の「博士」(寺尾聡)の家。 気難しげな博士の義姉(浅丘ルリ子)が雇い主だ。 博士と私とルートの3人が 家族以上に  心の絆を深めていく様子 多々のエピソード(タイガースの江夏の事など)を交えながら描いて行く。 曖昧になっていた博士と義姉の関係がもう一歩踏み込んだ形で描かれていて  それが映画に 奥行きを余韻を与えている。 というのが原作のオイシサ 何より、子供のように純粋な博士 絶妙な間合いを取って演じている寺尾聡がすばらしい。

スポンサーサイト

C

omments


qさん、こんにちは^^
毎日お暑うございまする><
溶けそうで溶けていないcyazでございます(笑)
僕もこの原作を読み、映画も観ました。
仰るように素晴らしい原作・映画だったと思います。
最近またCSで放送していたものを観て、
涙しておりました。
やはりいい映画は何度観てもいいものですね!
余談ですが、先日行きつけの居酒屋で、
19歳の若者と『ショーシャンクの空に』で盛り上がりました(笑)
おっと、ここは本のブログでしたね(笑)

cyaz URL | 2010/08/18 08:40 [ 編集 ]

P

ost omments


フリーエリア
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。