私の読んだ本の記録・・・ .:*゚..:。*゚:.

Prev  «  [ 2017/06 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プルダウンリスト
How many now?!
最新コメント
最新トラックバック
ソーシャルブックマーカー

Powered by SEO対策
プロフィール

qwratty

Author:qwratty
FC2ブログへようこそ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェルディナント・フォン・シーラッハ 「罪悪」


zaiaku.jpg


フェルディナント・フォン・シーラッハの第2作

15編からなる短編集

ふるさと祭りの最中に突発する、ブラスバンドの男たちによる集団暴行事件。秘密結社イルミナティにかぶれる男子寄宿学校生らのいじめが引き起こす悲劇。猟奇殺人をもくろむ男を襲う突然の不運。何不自由ない暮らしを送る主婦が続ける窃盗事件。麻薬密売容疑で逮捕された孤独な老人が隠す真犯人。刑事事件専門の弁護士が、現実の事件に材を得て描きあげた15の異様な物語。

短編としてだけど
連作というか
繋がりがあって 「うわっっっ💦」っと読後に感じてから
「うーわーーーー そう来るか~」っていう
ゾクっと感があったり・・・
様々な事件にからむ人々の状況や心理を淡々と綴った短編集。後味の悪い物語が多く、それがリアリティを増してる気がする。
前作~デビュー作と比べて
こっちのが 後味が悪いというか・・・
不条理の中に えぐってくる鋭さ

これって「自分の選んだ道」刑事事件弁護士という
己の中の戒めみたく思えたりもしたなぁ・・・

~ そして その言葉に どう「思う」 ~

スポンサーサイト

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://maytoto.blog.fc2.com/tb.php/322-0f68d9b2


フリーエリア
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。