私の読んだ本の記録・・・ .:*゚..:。*゚:.

Prev  «  [ 2017/10 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プルダウンリスト
How many now?!
最新コメント
最新トラックバック
ソーシャルブックマーカー

Powered by SEO対策
プロフィール

qwratty

Author:qwratty
FC2ブログへようこそ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「羊をめぐる冒険」 村上春樹

hitujin.jpg


ドーナツの穴を空白として捉えるか、あるいは存在として捉えるかはあくまで形式上的な問題であって、それでドーナツの味が少しなりとも変わるわけではない
別にそんなことに
あーだこーだ考えるなら 本を読みながら
コーヒーでドーナツを流し込めば良い
あなたのことは今でも好きよ
後、広告コピーの仕事を通して、耳専門のモデルをしている二十一歳の女性が新しいガールフレンドとなった。北海道に渡ったらしい〈鼠〉の手紙から、ある日、羊をめぐる冒険が始まる。
北海道では「ドルフィン・ホテル」というみすぼらしいホテルに泊まり、支配人の父親である「羊博士」から、その羊にまつわる話を聞くことになる。彼は農林省のエリート職員だった
「羊は君に何を求めたんだ?」
 全て
ありとあらゆるものだ

深夜の時計の音と共に登場する「羊男」



  「僕」は山の上の鼠の別荘に入ったとき
 あの切なくなる 「子供の頃かいだことのある匂い」を思い出した



ボクは鼠がいないと
何故か 心が痛くてたまらなくなる

鼠 

君は 僕の 一部なんだ

俺は俺の弱さが好きなんだよ


失われたもの(青春)は
「僕」からも永遠に失われてしまった

 「古い時間」の匂い
混乱して 重たかった

 僕は 君とジェイを思うと 
それは海に繋がる
ビールの海は 故郷の海だ

新聞で偶然彼女の死を知った友人が電話で僕にそれを
教えてくれた。

スポンサーサイト

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://maytoto.blog.fc2.com/tb.php/325-97a8c16d


フリーエリア
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。