私の読んだ本の記録・・・ .:*゚..:。*゚:.

Prev  «  [ 2017/06 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プルダウンリスト
How many now?!
最新コメント
最新トラックバック
ソーシャルブックマーカー

Powered by SEO対策
プロフィール

qwratty

Author:qwratty
FC2ブログへようこそ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女(上) スティーグ・ラーソン

全世界で2100万部を売り上げた、大ベストセラー。さらに、本国スウェーデンで発売前に作者が急死という悲劇の作品 って・・・遺産相続問題だのと、第4巻まで書かれているのに続編が出ない そして。この原作を先に読んで 映画を観ていたので ネタバレしそうなんだけど・・・そこはぐぐぐっとこらえて サクサクっとお話 月刊誌『ミレニアム』の発行責任者ミカエルは、大物実業家ヴェンネルストレムの違法行為を暴露する記事を発表した。だが、名誉毀損で有罪になり、彼は『ミレニアム』から離れることになる。そんな彼の身元を大企業グループの前会長ヘンリック・ヴァンゲルが密かに調べていた。背中にドラゴンのタトゥーを入れ、特異な風貌をした女性調査員リスベットの働きで、ヘンリックはミカエルが信頼に足る人物だと確信し、兄の孫娘ハリエットがおよそ40年前に失踪した事件の調査を彼に依頼する。ハリエットはヘンリックの一族が住む孤島で忽然と姿を消していた。ヘンリックは一族の誰かが殺したものと考えており、事件を解決すれば、ヴェンネルストレムを破滅させる証拠資料を渡すという。 ミカエルは依頼を受諾し、困難な調査を開始する ヴァンゲル一族の多さ・・・ヾ(-д-;)ぉぃぉぃ これ全員 覚えきれんって でも。心配なし 「家系図」のようにして相関図を描いていくと よーーーーーーーーーーーーくわかるのだ 鼻と眉にピアスをし、身体のあちこちにタトゥーを刻んでいるという、風変りな容貌。 何といっても背中にドラゴンのタトゥー そう。主人公リスベット 自身、その過去は決して幸せなものでは無い 自由なものではないことが明らかになってくる。 このタトゥーもちゃんと意味が そんな彼女は、天才ハッカーというのも凄い。 ミカエル→裁判に負けミレニアム社から身を隠し 奇妙な依頼に身を投じるワケで・・・ 最初は乗る気で無い。ミレニアム社の為とはいえ重要な秘密を持っているという ヘンリック・ヴァンゲルを疎遠にできない。 依頼にのめり込んでいく。 ヴァンゲル一族の暮らす島で調査を始め・・・ 一族の女性とも関係を持つのもナニヤラ。 様々な「exclamation&question 謎 why」が 随所に書かれていて そのピースを忘れないように・・・ そしてピースは必ず「はまるモノ」なのだ

スポンサーサイト

C

omments

P

ost omments


T

rackbacks

この記事のトラックバックURL

http://maytoto.blog.fc2.com/tb.php/77-83df5bf4


フリーエリア
リンク
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。